首飾り

Menu

 

 

 

ネックレスの素材についていろいろと紹介していきましょう。

素材 「金」

金のネックレスはとても人気のあるものですが、それと同時にとても高価なものでも
あります。そして、この金は、ネックレスなどのアクセサリーに加工する場合は、ほとんど100%の純金が使われることはありません。

というのも、金はとてもやわらかい素材ですので、他の化合物と混ぜ合わせなければ
加工ができないからなのです。化合物の割合によって、いくつかの種類に分けられて
います。その紹介をしましょう。
これらのものは、18金の場合です。

イエローゴールド
金75%、銀15%、銅10%のものをイエローゴールドといいます。化合物の割合の違いによってうすい色になったり、赤みのある色の金になったりします。

ピンクゴールド
金75%、銀10%、銅15%がピンクゴールドといわれるものです。これは特に若い女性に人気がある金のタイプです。他にも、レッドゴールドや、ローズゴールドなどのカラーもあります。

ホワイトゴールド
金75%、銀15%、に加えてパラジウム、またはニッケル10%のものをホワイトゴールドと
いいます。
日本で作られるホワイトゴールドはほとんどがパラジウムが使われた合金となっています。

金メッキ
金のネックレスはとても高価なものです。だけど金のネックレスの雰囲気を味わってみたい、という方も多いと思いますが、特に学生などの若い世代でお金もあまり無いという方たちはネックレスに限らず金メッキ製のアクセサリーをしている人も多いですね。

これは地は銀でできていて、そこに金メッキを施したものになります。金メッキのネックレスは、長い間、身につけていると地肌に黒いラインが付いてしまったり、ネックレス自体が変色してしまう場合もあります。


素材 「銀」

銀のネックレスは、特に男性にかなり人気のあるネックレスです。その中でも若い年齢層による支持が高いですね。この銀は、作る側にとっても加工がしやすい素材で、買う側である私たちにとっても、金に比べても手頃な価格で扱いやすいという点が魅力といえます。
もちろん、高価なブランドのものもあります。

また、これは男女関係なく、ネックレス以外にも、指輪やブレスレットやピアスなどの
身につけるアクセサリーを、シルバーで統一している人もいます。銀という素材は
そういう揃えやすいことも、この素材の良さなのではないかと思います。
全体のバランスが大事ですのでそこに注意しながらコーディネートするようにしましょう。


素材 「プラチナ」

ネックレスを見つける上で、流行に関係なく自分のお気に入りを着けたいという方には、このプラチナの素材のネックレスがおすすめだと思います。プラチナは素材自体は軟らかい
ものでキズが付きやすいですが、銀とは違って黒く酸化することも無いですし、金のように減っていくことも無いので、長く使い続けたいと言う方にはとても向いている素材です。

プラチナの表記のされ方は、Pt900だったりPt950などとなっていて、この数字が大きいほどプラチナの純度が高いことを表しています。
プラチナのネックレス以外にも、様々なアクセサリーの素材にもとても最適で、
年齢や性別を問わず愛されています。


素材 「レザー」

貴金属とは違った雰囲気を持つ革(レザー)の紹介です。
この素材は特に男性の人気が高く、好評なネックレスの一つになっています。
男っぽい雰囲気があるからなのでしょうか?
このタイプのネックレスはカジュアルな服装などとの相性がいいのが特徴です。
チェーンの部分が革であったり、ペンダントトップの部分の少しだけに革が使われている
ような、控えめなものがブームのようです。

また、レザーの紐に金属のアクセサリーパーツがついたネックレスやブレスレットも素敵ですよね。

また、革は黒色や茶色、こげ茶などのイメージがありますが、
白色や水色や赤などの豊富なカラーバリエーションがあって楽しめます。

一般的には牛革が使用されていると思われますが、この牛革は厚く加工できるので
ネックレスのチェーンの部分を丈夫に作ることができ、そのほかにも靴の底の部分や
ベルトにも使われているほど丈夫なんですね。

Valuable information

六本木にある人気パーソナルジムランキング

Last update:2017/12/7