首飾り

Menu

 

 

ネックレスの素材には金や銀などの素材のイメージが強いですが、
他にもビーズやゲルマニウム、チタンなどのネックレスもあります。
このページではこれらの素材の紹介をしていきましょう。

素材 「ビーズ」

ふんわりしていて優しい感じで透明感のあるビーズの紹介です。男性よりも女性の方が
好きな方は多いのではないかと思います。このビーズの種類には世界でも有名な
スワロフスキーのビーズや、日本でもなじみのあるガラスビーズ(あるいはシードビーズ)、チェコビーズやベネチアンビーズなどなど、カラーや形も豊富で飽きの来ないものです。

また、他にはない特徴として、手作りができることがありますが、これは最大の魅力と言っていいでしょう。素材自体も手芸のお店や100円ショップやインターネットショップなどでも
手に入れることができます。
ガラスビーズは安く購入できますが、天然石を使ったビーズの購入を考えている場合は
あまり安物のビーズだと品質が低くて壊れやすい場合がありますので注意してください。


素材 「ゲルマニウム」

ネックレスの素材であるゲルマニウムは、その健康効果を期待されています。
有名なサッカー選手や野球選手たちが愛用していて、そのゲルマニウムは
無機ゲルマニウムから作られています。

この無機ゲルマニウムは地球の奥深くの地殻という部分の鉱物に含まれている
半導体のことで、これを含んだネックレスやブレスレットを着けると、
体の電流を正常に整えてくれる作用があると言われています。
この作用には肩こりや腰痛などにも効果があるみたいです。

もう一つの有機ゲルマニウムというものもあって、医学の世界でも注目されているもので、こちらは朝鮮人参やサルノコシカケ、にんにくなどの植物に含まれているものです。
活性酸素を消してくれたり、血の巡りを良くしてくれたりと体のバランスを整えてくれる
ものです。また、がんや骨粗しょう症の病気の予防にも効果が期待されています。

今までは太目のデザインをしたものが多く見られましたが、現在では
細めのデザインも増えてきて、女性向けにも考えられたデザインが出てきています。


素材 「チタン」

これはプラチナと同じような特徴である、時間の経過で変質しにくい素材です。
長く使い続けたい方にはオススメの素材ですね。

ちょっと前に、チタンで作られたブレスレットなどが流行った時期がありました。チタンには
新陳代謝を促進する作用があったり、疲労回復、運動能力の向上などのさまざまな効果があるということで人気になりました。
現在ではだいぶその人気も落ち着いたものになってきましたが、今でもこのネックレスや
ブレスレットを着けているスポーツ選手、芸能人は多いと思います。

また、チタンには錆びないという特徴があるので、その安全性から医療の現場で使われているんですね。心臓の人口弁、骨折したときのボーンプレートや、人工関節などに使われています。更なる特徴として、金属アレルギーの方で金属のネックレスをしたいと言う方もいると思いますが、このチタンはそんな金属アレルギーの方にも相性がよく、そういう方たち
に向けられて作られたピアスやネックレスが販売されています。

おすすめWEBサイト 5選

電動工具の買取業者ランキング

最終更新日:2017/12/7